« 2010年12月 | メイン | 2011年02月 »

2011年01月 Archives

Compare: BURTON GRAIL 2011 and 2010

やはりガンガン降っているからなのか、ブーツに関する問い合わせが増えてきている今日この頃ということで、個人的に超イチオシなBURTON GRAILの2011モデルと2010モデルとを並べて写真を撮ってみました。

ふくらはぎ両サイドにハイバックとのあたりを和らげる、エアパッドが装備されたり、ライナーがImprint 3からImprint 4にグレードアップしていたりと、細かい変更点はありますが、基本構造やソールデザインなど、大まかな変更は無いため、履いた時の基本の印象はそれほど変わらないと言えるかもしれません。

2010モデルから履き始めて2シーズン目に入りますが、スタンダードなブーツレースが生み出す自然なフィット感、しなやかさの奥にちゃんと芯がある、絶妙なブーツフレックスなど、文句のつけようが無いかんじです。

やわらかいヒモ締めのブーツをお探しの方、ぜひお試しください。

ビビりますから。

2011 BURTON GRAILの商品ページはこちら

2010 BURTON GRAILの商品ページはこちら

frequency The Snowboarders Journal 8.3

感性に訴えかけてくる写真と、意味と内容をしっかり持った記事とで構成された世界最高のスノーボードマガジン、frequency The Snowboarders Journalの最新号、8.3が店頭入荷してきました。

今号の注目はビッグマウンテンライダー、Jeremy Jonesのロングインタビューと、BURTONの広告などを中心に素晴らしい写真を残している、Jeff Curtesのフォトエッセイ。

写真を眺めてイマジネーションに浸るもよし、英和辞書片手に読み進むもよし、とにかく価値ある一冊。

おすすめです。

商品ページはこちら

"THE WALL" MOVIE Trailer

従来のスノーボードセクションには無い、縦横斜めの3次元で"R"を繋いでいく楽しみを感じさせてくれるハイスピードボウルセクションを存分に堪能できたキャンプ、"THE WALL"の6年間を記録したムービーのリリース案内がトレーラーとともに届きました。

4月にこれが無いなんて、今シーズンがきちんと締められるか心配です。

来シーズンから続編、"THE WALL 2"がスタートします・・・なーんてことにならないかなぁ・・

以下本文。

----

この度、昨年春までの7年間に渡って開催してきました、BOWLイベント「THE WALL」の記録とも言えるDVDの発売が決定しました。
キャンプ、セッションとしての盛り上がり、地形の可能性、何より私たちライダー、アーティスト、現場の人間のこだわりと上手さ、好きさ加減を如何に伝えるかというところに力を注いだ作品です。
本編30分、ボーナス30分のボリューム、レギュラーアーティストによるコラボレーション(寄せ書き)ジャケットデザインなど、随所にそのこだわりを表現しました。
詳しい日程、情報共に決まり次第再度ご案内させていただきます。一先ず、予告編が完成しましたのでご覧ください。

よろしくお願いします。

丸山隼人

Wrapped Styrus

なんでも外壁の塗り替え工事だそうで、ご覧の通り、本日より2月中旬までSTYRUSは包まれております。

ウィンドウから看板から何もかもが包まれてしまいましたが、入り口はさすがに大丈夫ですので、ご安心ください。

今月は妙高、ルスツと週末の臨時休業が続いておりましたが、2月19日-20日のGREEN TOURまではツアーがありませんので、しばらくの間、平日はもちろん週末も通常営業体制に戻ります。

皆様のご来店をお待ちしております。

奥信濃 POWDER EXPEDITION with ヤーマン

丸山"BUBBLES"隼人氏からキャンプの案内が届きました。

丸山隼人、五明淳のナビゲートでゲレンデセッション&キャットツアー。しかも山田博行のフォトシューティングあり。

やばいです。

以下本文。

-----

奥信濃のトップシーズンのパウダーをゲレンデセッション、キャットツアーで遊ぶ2日間。
パウダー未圧雪コース、林間自然地形が豊富な野沢温泉スキー場でのフリーライディングセッションと、リフトの掛かっていない信濃平スキー場でのキャットツアーで滑り倒しましょう!山では、ナビゲーターとして丸山隼人と五明淳が同行し、エキサイティングで楽しい滑り方、ライン取り、地形の使い方をアドバイスしながらセッションします。
更に2日目のキャットツアーでは、最近の作品として「END OF THE LINE」が記憶に新しい、フォトグラファー山田博行によるフォトセッションも行い、ノートラックの斜面で最高の一枚を残せます。私たちライダーの視点からも良い写真を残す為のコツをアドバイス致します。※当日撮れた写真は後日全てお渡し致します。夜はかまくらで晩ご飯。その後ゆっくり飲みながら語らいと、スライドショーなども予定しています。

日程/2011年2月16日(水)17日(木)

ナビゲート、SESSIONライダー/丸山隼人、五明淳

フォトグラファー/山田博行

内容/

1日目~ゲレンデセッション(野沢温泉スキー場)
 夜~山田博行スライドショー、宴

2日目~信濃平キャットボーディングセッション、山田博行フォトセッション(撮った写真は全てお渡し致します。)

料金/60,000円

募集人数/8名 最小催行人数6名

締め切り/2月10日(定員になり次第締め切ります)

料金に含まれるもの/
キャット使用料、各セッション及びナビゲートフィー、ガイドフィー、
写真代、宿泊費、宴会費、1日目の夕食、2日目の朝と昼食、

募集対象/
各種スノーボード、傷害保険にご加入の方。
未圧雪の自然地形でスピードコントロールが出来る方。楽しめる方。

必要な物/
バックパック、ビーコン、スコップ、プローブ、短い距離ですがハイクアップ用のスノーシュー、ポール、行動食、飲料水など。(足りない物がある場合、貸し出しもありますのでご相談下さい。※数に限りがあります。)

協賛/GENTEMSTICK、BURG HOUSE、

協力/信濃平観光協会

お申し込み、お問合せ/
http://slopeplanning.com(MENUのCONTACTからエントリーフォームへお進み下さい)

Velvet Lee presents SK8 SCHOOL

いつもスケートイベントを手伝ってくれている、おなじみあっくんと大塚ヨッチくんが今週土曜日29日にスケートスクールを開催するようです。

場所はミニバーチ付きアールが楽しめるとウワサのプライベートランプ。

レベル問わずターンを中心に丁寧に教えてくれるようですので、みなさんぜひ行ってみてください。

コーチは大塚ヨッチ先生のほか、関西よりVelvet LeeのGirlsライダーである水岡チハル先生も参加予定のようですので、女の子の参加も大歓迎だそうです。

ぜひ!

詳細はこちら↓
http://blog.themelancholy.net/?eid=981273

SNOWBOARD TOUR in RUSUTSU on Flickr

http://www.flickr.com/photos/styrus/sets/72157625775668007/

行ってきました!北海道ルスツツアー!ということでさっそく僕のデジカメで撮った写真をFlickrにアップしました。

さすが北海道、山は大きく、雪は軽く、森は深く、朝イチバフバフからナイターバフバフまで、よく滑り、よく飲み、よく笑い、よく歌った3日間でした。

案内してくれた吉田"DKC"尚弘(horizon, Green Clothing)、入江"和尚"昌明(DEATH LABEL)の両氏と参加してくれたみなさんに感謝!

また来年もよろしくお願いしまーす!

奇跡

2日前、19日水曜日は定休日ということで、新潟県の六日町八海山スキー場にいつものメンツで滑りに行ってきました。

雪雲に覆われた曇天の下、一日中シンシンと雪が降り続け、ゲレンデは最高のディープパウダーコンディションで、朝の予定では午後イチでサクッとあがるはずが、我を忘れて16時最終まで滑り込んでしまうほどでした。

それだけに帰りの車の中、携帯で受けた行方不明の一報は急転直下の気分でした。

今回八海山で行方不明になっていた人物は、STYRUSにLIB TECHやVANS、VOXなどを世話してくれている代理店の担当者で、いつもいろいろ良くしてもらっている人でした。

その日ゲレンデでは会いませんでしたが、同じ日に同じゲレンデを滑っていただけに、あの状況の中、たったひとり遭難することがどれだけ厳しい事かは手に取るようにわかったし、1日、2日と時間が過ぎるたびに、そんなことを考えてはダメだと思いつつも、悪い方向に考えが及んでしまい、胃の上のところに何かが詰まっているような気分でこの2日間を過ごしていました。

それだけに本日午後15時過ぎ、無事発見!!の一報を受け、電話口で思わず「良かった〜・・」と叫んでしまいました。

捜索にはたくさんの人が協力していたようですし、これからいろいろ大変かとは思いますが、死んじまったら責任は取れないからね、帰ってきてくれて本当に良かった。

明日からのルスツツアーもこれで心おきなくを楽しめます。

明日は我が身、気をつけて行ってきまーす。

2012 BURTON HG Sneak Peek

http://www.flickr.com/photos/styrus/sets/72157625866141110

2011シーズンもまだまだ序盤ですが、2012 BURTONの展示会に行ってきました。

ブーツ、ビンディングを中心にチェック、撮影した写真はFlickrにアップしました。

来年も、さすがリーディングカンパニーと言えるナイスプロダクトばかり。

店頭に詳しい資料がありますので、気になる方はぜひチェックしにご来店ください。

よろしくお願いします。

山田博行 写真展 "Northern Highlights" the Portraits of Alaskan Backwoods

yahman_ps.jpg

言葉では掬うことのできない心象のようなものをファインダーで捕えることのできる数少ない写真家のひとり、ヤーマン山田博行の写真展が全国3会場にて開催されるようです。

ぜひみなさん観にいきましょう。

--
山田博行写真展「Northern Highlights」
the Portraits of Alaskan Backwoods


偉大な自然の麓で愛あふれる共同体が作り上げた小さな村での様子と身近に広がる
大自然のコントラスト、多くの笑顔とそれをやさしく取り囲む厳しい自然。
不便な生活は彼らの究極的な楽しみでもあり、人生という旅の一部でもある。
-山田博行


[福岡会場]
期間 2011/1/22 sat -2/3 sun 時間 11:00- 21:00
会場 THE NORTH FACE STORE FUKUOKA 2F GALLERY
住所 福岡県福岡市中央区天神2-4-25 嘉穂無線Bビル
※2011/1/21 20:00よりスライドトークショーを行います。

[東京会場]
期間 2011/2/19 sat -3/20 sun 時間 11:00- 20:00
会場 THE NORTH FACE STANDARD
住所 東京都渋谷区神宮前6-10-9

[静岡会場]
期間 2011/3/26 sat -4/24 sun 時間 12:00- 20:00
会場 THE NORTH FACE SHIZUOKA
住所 静岡県静岡市駿河区聖一色654-6
※2011/3/25 20:00よりスライドトークショーを行います。

Yoshiro Higai Sk8 Photo Session in Analog Bowl on Vimeo

昨年11月にAnalog Bowl Parkで開催された樋貝吉郎さんのスケートフォトセッションのゲストスケーターによるセッション動画が樋貝さんのVimeoページにアップされています。

この日はゲストみんなやばかったもんなあ・・・。

久々にAnalog Bowl、滑りたいぞー。

PRODUCT REVIEW- 2011 OUTFLOW BIG FREE 158

http://www.flickr.com/photos/styrus/sets/72157625337203076/

BIG TREEから数えるとリリース4シーズン目に入り、もはや完成の域に達した感のあるパウダー&フリーライディングモデル、BIG FREE 158。

P-PHAT 156同様、バンブーとウッドをミックスしたコア材と、本体の「薄さ」が生み出す、しなやかなフレックスとトーションにより、細かいツリーやタイトな沢でも158cmとは思えないシャープな動きと抜群の旋回性能を発揮します。

全体のフレックスに対してセンターからテール付近はやや硬めに設定してあるため、ギリギリの状況で、テールで耐えることができるのもナイス。

ジャストサイズは155か156という人のパウダー&フリーライディング用に超おすすめ。

ジャケ買い間違いなしなKAYA絞り染めグラフィックもやばいです。

こちらのモデルも店頭に試乗ボードを用意してありますので、気になる方はぜひご利用ください。

OUTFLOWの商品ページはこちら

Forrest Burki rides the GNU Billy Goat

かっこよすぎるGNUのアマ、Forrest BurkiがGNU BILLY GOAT 162に乗ってライディングしている映像を発見。

イケイケかつスタイリッシュな滑りがやばすぎですね。

こういうの見ちゃうとやっぱオールマウンテンだよねーと思ってしまいます。

速くてでかいなんてそれだけで最強だよな。

しかしこの人にしても、LIB TECHのSammy Luebkeにしても、かっこいい大人のいるチームはかっこいい若手が育つんですね、流石。

ちなみにGNU BILLY GOAT 162はラスト1本在庫がございます。

上の動画でしびれてしまった方、チャンスです。

GNUの商品ページはこちら

TRIBUTE NEW DECKS


米オレゴン州ポートランドのローカルブランド、TRIBUTEの新作デッキが店頭入荷しました。

傘がいっぱいREACHシリーズよりBrent Atchley 8.125とMike Chin 8。どちらも大きめのランプやコンクリパーク向きというかんじ。

もうひとつはBrent AtchleyがSATORI P-TOWN PLAYERSのムービーで気持ち良さそうにクルーズしていたデッキをモチーフにしたクルーザーデッキ。

Brent本人がデッキに貼っていたとおりのステッカーグラフィックのようです。

もちろんウィールはSATORI P-TOWN PLAYERS、トラックはACE TRUCK 22でセッティングして気持ちよく街をクルーズしちゃいましょう。

TRIBUTEの商品ページはこちら

PRODUCT REVIEW- 2011 OUTFLOW P-PHAT 156

OUTFLOWの2011ニューモデル、P-PHAT 156を正月休みの奥只見と、新年会ツアーの妙高杉の原で乗ってきました。

両日ともにまずまずのパウダーコンディション、ブーツはBURTON GRAIL、ビンディングはCO2 Re:Flexで試しました。

156.5cmのレングスにノーズ幅295mm、ウェスト幅253mm、テール幅290mmのファットなボディ。ノーズ&テールキックのパシッとした立ち上がり具合からは、いかにもひとクセありそうに見えますが、BIGFREE 158と同様に「柔らかさ」を全面に押し出すことで、非常にスムーズな乗り味に仕上がっています。

「幅」があることで、156cmながら深めのパウダーでもしっかりと浮き、荒れたバーンではバタつきを抑えてくれますし、「柔らかさ」があることでタイトなツリーランや沢、壁などでも高い旋回性能を発揮してくれます。

ちなみにホールパターンはフロント側が通常の2x6、リア側は後ろに1列多い2x7を採用し、セットバックの範囲を広くとってあります。

OUTFLOWはもちろんREPLANTにも言えることですが、ライダー自身が考え、滑り、試すことでプロダクトを生み出しているブランドの場合、ライダーのスタイルや滑り方はもちろん、体格などの要素もプロダクトに反映されてきます。

でっかく飛んで、そのままチョッカるというよりも、地形を使って細かく遊びながら降りてくるというような、西山勇をはじめとするOUTFLOWチームのスタイルが強く反映されていると言えるでしょう。

「和」のこころを現代に伝える、KAYAプロデュースによるグラフィックも間違いなし。

僕の乗っている板を試乗ボードとしてお貸し出しすることもできますので、いい雪が降っているうちに、とにかく乗ってみたい!という方はぜひ。

よろしくお願いします!

OUTFLOWの商品ページはこちら

2011妙高新年会ツアー on Flickr

http://www.flickr.com/photos/styrus/sets/72157625672515269

どうやら、やる気スイッチを妙高の森に落としてきたようで、ポケッと気味な鏡開きの本日ですが、さっそく妙高新年会ツアー、ゲストが来てくれた初日と3日目の赤倉の写真をFlickrにアップしてみました。

初日は超快晴ドピーカンの中、GREEN.LAB渡辺尚幸、REPLANT美矢島慎の2人にセッションをお願いしました。前日までの2日間で降り積もった雪はドライでフカフカ。相変わらずのナベさんの熱い語りと、風格すら出てきた慎ちゃんの滑りがやばすぎでした。

2日目は妙高杉の原。午前中がさすが三連休と言わんばかりの強力な混雑ぶりを味わいましたが、午後からは強風で運転を見合わせていた上のリフトも動きだし、夕方まで森のパウダーを堪能しました。

2日目の午後から降り出した雪がガッツリ積もった3日目はまさにディープパウダーデイ。ゲレンデコース内ですらスタック者が続出するほどの妙高らしい豪雪コンディションを堪能。昼からはGENTEM STICKの丸山隼人、鬼頭春菜に加えてフォトグラファーの田中RIP友規らにセッションをお願いしてゲレンデクルージング。最高のコンディションとライダー陣のさすがの滑りにみんな笑顔で最高でした。

正月くらいまでは、今年はコンディションちょっと厳しいかなーと心配していた妙高新年会ツアーでしたが、そこは妙高、あいかわらずの降りっぷり、宿泊した岡山館のおいしいご飯と温泉も最高だったし、このうえなく幸せな3日間でした。

参加者のみなさん、遊びに来てくれたゲストライダーのみなさん、ありがとうございました!

2日目と3日目にGoProヘッドカムで撮影したムービーもすぐにアップするようにします。

次は来週末の北海道ルスツ!滑るぞー!

BIGな再入荷2点

いよいよ本気を出してきた雪山の勢いにあわせて、BIGな再入荷アイテムを2点ご紹介したいと思います。

http://www.flickr.com/photos/styrus/sets/72157625212544679

まずはBURTONから、店頭、メーカーともに完売していた、植村能成シグネイチャーモデル、X8FV 157.5が奇跡的に1本だけ再入荷。

ロッカーのルーズさとキャンバーの安定感を両立させた、Flying-V構造にスクープノーズ&テールを採用し、パウダーはもちろん自然地形で抜群の動きをみせるフリーライディングボード。

入荷数は1本のみとなります。

商品ページはこちら


http://www.flickr.com/photos/styrus/sets/72157625421926281/

そして、REPLANTからは世界への道を歩み始めたオールマウンテンライダー、美矢島慎のシグネイチャーモデル、SELECTOR ROCKER 159の2010モデルが奇跡の再入荷。

2010モデルのおすすめポイントは、現行モデルのシンタードベースよりも高い滑走性能を持ったエレクトラベースを採用しつつ、元々の価格設定が少しだけ安くなっているところ。

その性能はWorld Heli Challenge2位という結果が証明しているでしょう。

こちらも入荷数は1本のみとなります。

商品ページはこちら


これから始まるパウダーシーズンにあわせて、お見逃しなく!

臨時休業のおしらせ

aplg7.jpg

お客様各位

誠に勝手ながら妙高新年会ツアー開催のため、1月8日(土)・9日(日)・10日(祝)は終日休業とさせていただきます。

11日(火)以降、通常営業となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

今年もよろしくお願いします

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

本日1月6日(木)より営業開始いたしました。

冬休み期間中にSHOP ONLINEでいただきましたご注文分も本日より対応させていただきます。


冬休み期間中は2日に奥只見で午前スノーボード、午後スノースケート、5日は武尊牧場で1日スノースケートを満喫してきました。

約9ヶ月ぶりでしたが、やっぱり雪山は最高でした!

ナイスな寒気が降りてきてますし、週末の妙高新年会ツアーも楽しみです!

ちなみに新年会ツアーの申し込みは本日中であればギリギリ承ることができますので、迷ってる方はぜひ!

よろしくお願いします。

store_bn.gif
営業時間(水曜定休)
月曜-土曜 12:00-20:00
日曜・祝日 12:00-19:00
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷2-43-11-1F
TEL 03-5452-1974 FAX 03-5452-1975
spacer.gif
twitter_bn4.gif spacer.gif Flickr_bn.gif spacer.gif fb_bn.gif spacer.gif 2013clndrbn.jpg spacer.gif rr.png spacer.gif oo.png spacer.gif ll.png spacer.gif bb.png spacer.gifgg.png
spacer.gif
emagsub_bn.gif

登録していただいた方に
入荷、イベント情報をお届けします