« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月 Archives

自慢

先週のEBIS FILMS NIGHTに遊びに来てくれた樋貝さんから素敵すぎる贈り物をいただきました。

発売まであと3日となりました、COLD FRAMEからの一枚。

映っているのは業界の重鎮、石原繁氏とAsianWaveSkatesの野坂稔和氏。

場所は僕は行ったことありませんがすんごいとこらしい、千葉のP-NUTS BOWL。

なんだか気合いの入る作品、さっそく店内に飾ってみたら、さらに楽しみ度合いが加速しました。

しつこいようですが、写真集発売は12/3(木)、12/4(金)は夜8時よりサイン会&スライドショーです。

よろしくお願いします!

BOOK YOSHIRO HIGAI COLD FRAMEのプロダクトページはこちら

YOSHIRO HIGAI COLD FRAME

フォトグラファー樋貝吉郎さんの写真集、「COLD FRAME」がいよいよ12/3(木)にリリースされます。

カバーショット一枚でもうやばいですね、早く見たいですね、楽しみですね。

個人的に樋貝さんの写真には思い入れが強く、その辺をうまいこと伝えたいなと昨日から文章をいろいろ考え、試行錯誤をくり返しましたが、うまくいかないのであきらめました(笑)
おとなしく来週木曜を待つことにします。


恐れ多くも発売日の翌日、12/4(金)夜20時から店頭にてサイン会&スライドショーをやっていただくことになりました。

写真集の選考からはずれたものも含めていろんな写真を投影しながらいろんな話をしてくれるようなので、ぜひお楽しみに。

さらに昨日、樋貝さんとケニアくん、2人の会話の流れでWINTERSTICKの激レアスノーボードムービーの上映も急遽決定!

先行リリースされている、A1ビッグサイズポスターも当日会場で販売しますので、まだの方はぜひお見逃しなく。

熱く盛り上がること間違いなしですので、ぜひみなさんお誘い合わせのうえご来場ください。

日 程 : 2009/12/4(金)
時 間 : 20時スタート
場 所 : STYRUS
    東京都渋谷区富ヶ谷2-43-11-1F
    TEL 03-5452-1974
参加費 : 1,000円(ドリンク飲み放題)

参加申し込み、お問い合せはこちら
TEL 03-5452-1974
mailto:info@styrus.net


ちなみに当日会場に来られないお客様のために、発売日までにSHOP ONLINEでご予約いただいた分にも12/4(金)にサインをしてもらえることになりました。

遠方の方はぜひご利用ください。

よろしくお願いします。

BOOK YOSHIRO HIGAI COLD FRAMEのプロダクトページはこちら

いい夜でした

無事終了いたしました、EBIS FILMS NIGHT。

しかしいい夜でした。

前半は未発表を含む別編集ショートムービー数本を休憩を挟みつつ上映。

違う曲を使って新たに編集を施されたショートムービーの表情の変わりように、音と映像はやはりふたつでひとつなんだということを改めて確認しました。

田口さんに樋貝さん、SALくんなんかも遊びに来てくれ、シャンパンで乾杯しながらいろんな話で盛り上がりました。

締めはグリーンランド遠征編。

この遠征はEND OF THE LINEでも取りあげられていましたが、また違った視点から観る事ができてとてもおもしろく、裏話や苦労話なども聞けてすごく良かったです。

しっかし滑りたくなっちゃったなあ・・・。

ご来場いただいたみなさんありがとうございました。

また来週もよろしくお願いします!

EBIS FILMS NIGHT、今晩20時より!

久々にこいつの出番です。

おめでとうのシャンパンとディープな映像で盛り上がりましょう。

みなさんぜひお誘い合わせのうえご来場ください。

※特に事前の申し込みは必要ありません。いきなりのご来場も大歓迎です!

日 程 : 2009/11/28(土)
時 間 : 20時スタート
場 所 : STYRUS
    東京都渋谷区富ヶ谷2-43-11-1F
    TEL 03-5452-1974
参加費 : 1,000円(ドリンク飲み放題)

お問い合せはこちら
TEL 03-5452-1974
mailto:info@styrus.net

EBIS FILMS NIGHT、明晩20時より!

EBIS FILMSの関口ケニア氏を招いての「Best Visual Short」受賞おめでとうイベント、いよいよ明日夜20時から!

icon 6 : (the colon)の別編集映像数本を上映予定!

特にしょっぱなに上映予定の本邦初公開エディットは確実にみなさんの心を雪山の奥深くへと運び去ることでしょう!

シーズン直前、ディープな映像でテンションを上げていきましょう!

ぜひみなさんお誘い合わせのうえご来場ください!

※特に事前の申し込みは必要ありませんのでいきなりのご来場も大歓迎です。


日 程 : 2009/11/28(土)
時 間 : 20時スタート
場 所 : STYRUS
    東京都渋谷区富ヶ谷2-43-11-1F
    TEL 03-5452-1974
参加費 : 1,000円(ドリンク飲み放題)

お問い合せはこちら
TEL 03-5452-1974
mailto:info@styrus.net

スケートデッキサイズの表記方法と詳細

decksize3.gif


スケートデッキサイズの表記方法を新しくしました。

これまではカタログ値を掲載していましたが、入荷してきたデッキを実測してmm単位で掲載することにしました。

以下計測内容の詳細です。
上記の図に照らし合わせて確認ください。

(A) width = デッキの最大幅部分、端から端までのサイズ
(B) wheelbase = フロント後ろ側のホール中心からリア前側のホール中心の距離
(C) nose length = ノーズ先端からフロント前側のホール中心までの距離
(D) tail length = リア後ろ側のホール中心からテール先端までの距離

その他商品に関するお問い合わせはこちらまでどうぞ
TEL 03-5452-1974
mailto:sales@styrus.net

STEREO 09 FALL DECKS

昨日入荷したてのSTEREOの09FALLニューデッキをさっそくアップしました。


MATT RODRIGUEZ TRUMPET 8


CHRIS PASTRAS MECHANICS 7.875


CARL SHIPMAN SCOOTER 7.75

STEREOの黄金時代と言える90年代のデッキグラフィックのリイッシューモデル。

RODRIGUEZ、DUNE、CARL SHIPMANとどのグラフィックもほんとかっこいいですね。

もちろん中身、シェイプは最新バージョンです。



JASON LEE OBEY SERIES 7.875

こちらは誰もが一度はその作品を目にしたことがあるであろうストリートアートのアイコン的アーティスト、OBEYことShepardFaireyとのコラボモデル。

金箔仕様のグラフィックが迫力の一本。



RAYMOND MOLINAR BIRD 8

こちらは9月にHABITATより移籍したばかりのアップカマー、RaymondMolinarシグネイチャーデッキ。

スタイリッシュな滑り同様になんともお洒落なグラフィック。色もいいですね。


見てるだけで楽しくなってくるグラフィックはさすがSTEREOというかんじ。

おすすめです。

STEREOのプロダクトページはこちら

PRODUCT REVIEW- BURTON GRAIL

Read more..

09/10REPLANTの入荷予定につきまして


(画像クリックで拡大可)

お問い合わせをいくつかいただきましたので、ご案内させていただきます。

09/10 REPLANTの製品に関しまして、製造上の理由により入荷が大幅に遅れておりましたが、ようやく今週中には出荷できそうだとの連絡がメーカー担当者よりありました。

ご予約をいただいておりますお客様をはじめ、楽しみにお待ちいただいております皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、入荷次第こちらでご案内をさせていただきますので、今しばらくお待ちください。

よろしくお願いいたします。

09/10 GREEN CLOTHING : グローブサイズの目安

09/10 GREEN CLOTHINGのグローブサイズの目安をおおまかにご説明します。

参考にするにも自分の手しかありませんので、僕の手を基準に考えてみます。

上記の図にあるA、B、Cのサイズを実測してみるとおおよそ以下のとおりとなります。

A=180mm
B=85mm
C=60mm

このサイズの僕の手で、Mサイズを着用してきつすぎず、ゆるすぎず、ちょうどいいかなというかんじとなります。

実際に店頭でご試着いただくのが確実ではありますが、遠方のお客様は参考にしてみてください。

よろしくお願いします。

09/10 GREEN CLOTHINGのプロダクトページはこちら

いろいろアップ

ビーニーやグローブ類などのアクセサリー類をSHOP ONLINEにアップしました。

HORIZONはGREEN CLOTHINGのライダーとしてもおなじみ、吉田"DKC"尚弘のブランド。ウール100%ボディのハンドメイドニットで使い込むほどにフェルト状になり、いい味が出ます。本体のイヤーフラップの内側にフリース素材のイヤーフラップを搭載し、ハードな転倒時にも飛んでいってしまうことがなく便利です。デザインやカラーリングもナイスでGREEN CLOTHINGとの相性もばっちりです。サイズはMensとLadiesの2サイズ展開です。

http://www.styrus.net/shop/001189horizon/


GREEN CLOTHINGのアイテムからはBOA CAP、TIROL BEANIE、NECK TUBE、WORK GLOVE、NEL FINGER、UNDER MITT、PATCH MITTなどをアップ。ついでにアップ済みだったWORK CAP、SAFARI HAT、WOOL HATなどの写真も撮りなおしをしてみましたのであわせてチェックしてみてください。

http://www.styrus.net/shop/001185green_clothing/


その他VOLCOMのシンプルなビーニーや、シアトルのクロージングブランド、SPACE CRAFTなどもアップしてますのでこちらもよろしくお願いします。

http://www.styrus.net/shop/

GREEN CLOTHING BOA MITT & WOOL LAYER

091119.jpg

今日は一日雨・・・って予報じゃ曇りじゃなかったか?

かなり寒いしいよいよ冬っぽくなってきましたね!


そんな空気を察してか、GREEN CLOTHINGよりお待たせしておりました、はりねずみグローブ、BOA MITTと一度着たらもう化繊は着れなくなる、WOOL LAYERが入荷してきました。

ご予約いただいておりますお客様には順次ご連絡します。

入荷済みのグローブ、ニットキャップ類は遅ればせながら、明日SHOP ONLINEにアップします。

HORIZONはもちろん、SPAECRAFTにVOLCOMも調子いいかんじですのでチェックしてみてください。


シーズン直前を盛り上げるイベントがいろいろ決まりはじめています。

11/28(土)はicon 6 : (the colon)の受賞おめでとうイベント。

さっきケニア氏が来てくれて、打ち合わせをしましたが、別編集映像、やばいです。

何本かの映像と(届いてたら)賞状を眺めながらお祝いといきましょう。

それと今日日程が決まったのが、12/12(土)のOUTFLOWの宴。

まだ詳細は未定ですが、「長野大町のVibesを東京へ」というかんじになりそうです。

いずれもSTYRUS店頭にて夜8時よりスタート予定。

ぜひぜひ遊びに来てください。

icon6 : (the colon) 受賞おめでとうの宴

icon 6 : (the colon)の1チャプター、「deep/shinsetsu」が米のTaos Film Festivalにおいて、「Best Visual Short」を受賞したということで、EBIS FILMS代表の関口ケニア氏にお越しいただき、お祝い会をしたいと思います!

当日はicon 6 : (the colon)の別編集映像を上映予定!

シーズン直前、ディープな映像でテンションを上げていきましょう!

ぜひみなさんお誘い合わせのうえご来場ください!

日 程 : 2009/11/28(土)
時 間 : 20時スタート
場 所 : STYRUS
    東京都渋谷区富ヶ谷2-43-11-1F
    TEL 03-5452-1974
参加費 : 1,000円(ドリンク飲み放題)

参加申し込み、お問い合せはこちら
TEL 03-5452-1974
mailto:info@styrus.net

09/10 OUTFLOW

先日店頭入荷してきました、09/10 OUTFLOWをSHOP ONLINEページにアップしました。

http://www.styrus.net/shop/001230outflow/

詳細は追ってレビューをアップしたいと思いますので、やばすぎるグラフィックをまずはじっくりご覧ください。

それと今のところ予定ですが、12月頭に西山勇氏を招いてOUTFLOW NIGHTをSTYRUS店頭にてやろうと思ってます。

詳細決まり次第ご案内します。

よろしくお願いします。

PRODUCT REVIEW- BURTON C60

Read more..

Mark Landvik Black Winter Webisode

LIB TECHのサイトでSTANDARD FILMSの新作ムービー、BLACKWINTERよりMark Landvikをフィーチャーした別編集ショートムービーのリンクを発見。

http://fresh.snowboardermag.com/videos/standard-saturdays-mark-landvik/

難しそうだけど実に楽しそう!

まさにこういう地形のためのSKATE BANANAと言えるでしょう。

しかしLandvik、ナイスなヒネリっぷりでいいっすねー

LIB TECHのプロダクトページはこちら

SK8スクール無事終了

昨日は久々のスケートスクールをランプハウス所沢にて開催いたしました。

気候も暑すぎず寒すぎずの運動に最適な気候で、常連組も初参加チームもそれぞれに集中して楽しんでいただけたようでした。

女子チームもランプハウスのあっくんによる手取り足取りコーチングのおかげでメキメキ上達していてすごかったです。

スクール終了後は1時間ほど延長してから池袋へ移動しいつもの中華屋へ。

生ビールと旨い料理とウケる話で盛り上がりました。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

また次回、よろしくお願いします!

TECH REVIEW- LIB TECH C2 POWER BANANA

LIB TECHが今季より新採用しているシステム、C2 POWER BANANA。

SKATE BANANAをベースによりアグレッシブなライディングに対応するために生まれた構造ということで、まずはSKATE BANANAとは?というところからおさらいしてみたいと思います。

結構言いたいことが書けていたので、1年前の記事を転載ぎみに使ってご紹介。



(画像クリックで拡大可)

07-08シーズンより登場したLIB TECHのSKATE BANANAシリーズ。

普通のボードの場合、フラットなところに置くと、床に接しているのはノーズ付近とテール付近だけでセンター付近が浮いているのがわかります。これがキャンバー構造で、圧雪されたバーンなどでカービングをする際にアシストをしてくれる役割を持っています。

これに対してSKATE BANANAはキャンバーを無くすどころか、反対にロッカーを付けてしまいました。この構造は床にボードを置くと、接地しているのはセンター部分のみで、ちょっときっかけをつけるだけでくるくる回る。

この構造が生み出すものは"ズレ"。カービングだけのことを考えると禁物とされている"ズレ"をわざと出やすくすることで、全方向に挙動する驚異的な自由を手にするのです。

スノーボードで楽しめるすべての"R"と同じ方向の"R"をボトムに備えているから、トランジションを駆け上がる時もスピードが死なず、よりスムース。

自然にノーズを上げられるので、パウダーエントリーもスムース。


さらにSKATE BANANAのミソはこのロッカー構造だけじゃないところにあります。


(画像クリックで拡大可)

サイドエッジを波型にすることでエッジング時に雪面とコンタクトするポイントが分散され、さらにひとつひとつのポイントにより加重が増し、高いエッジグリップ性能を生み出すMAGNE-TRACTION。

この構造はまさにたづなの役目を果たし、全方向に動き回っていたじゃじゃ馬は急に言う事を聞き、コントローラブルに。

ロッカーボトム + MAGNE-TRUCTION = SKATE BANANA。

ズレ + グリップ = SKATE BANANA。

ずらしたいところでは自由にずらせて、グリップすべきところではしっかりグリップする、既存の概念にとらわれない自由な乗り物、そいつはまさにスノースケート。


・・・とここまではよろしいでしょうか?

このSKATE BANANA構造、自然地形でははっきり言って向かうところ敵なしというかんじなのですが、構造上どうしても有効エッジが短くなってしまうため、圧雪バーンでの高速カービングだけがいまいち弱かった。

そこを改良してよりオールラウンドにというかカービング性能をアップしたのがC2 POWER BANANAと言えます。


(画像クリックで拡大可)

スタンス間のロッカー構造とMAGNE-TRUCTIONはそのままに、スタンスより外、ノーズ側、テール側ともそれぞれに小さいキャンバーを搭載。

動きのルースさを残しつつ、エッジングがより早く、より確実な仕様になっています。

TravisRiceがWINTER X Games 13のBig Airでゴールドを取ったことや、Mt.Baker Banked Slalom 2009でTempleCumminsが3位になったという結果にもC2がより確実なカービング、エッジングが必要とされる場面で有効であることはおわかりいただけるでしょう。


ちなみにTRAVIS RICE C2 BTXは153、157サイズともに0.75インチのセットバックが入ってます。

さすがTRAVIS、最近キッカーばっかりねと思いきやJacksonhole魂は忘れてないのね。うれし。

パウダーシーズンはもちろん1986 SNOW MULLETが最高ですが、地形が出てきたらC2 BTX、いいんじゃないですかー?

LIB TECHのプロダクトページはこちら

horizon DUAL EAR FLAP

ライダーとしてだけでなく、スノーボードブランド関連のデザインなどにも才能を発揮している吉田"デカチョウ"尚弘が手がけるブランド、horizonより人気のDUAL EAR FLAPのニューカラーが店頭入荷しました。


mens

ウール100%のボディは保温性に優れるだけでなく、使い込んでいくほどにフェルト状になりどんどん味が出ます。フラップ先端の紐にはレザーを採用し、なんともナイスなかんじ。


ladies

今季のladysサイズはポンポンが新しく装備されています。

本体フラップ部分の内側にもう一枚、あごで止められるフリース時のフラップが装備されており、耳を凍傷から守りつつ大転倒時にも飛んでいくことのないスグレもの。

価格はmens、ladiesとも税込7,665円。

もちろんGREEN CLOTHINGと相性抜群。

おすすめです。

SHOP ONLINEにもすぐアップします。

PRODUCT REVIEW- BURTON SLX

BURTONというブランドがスノーボード業界をリードしているという事実は今や誰しもが認めるところだと思いますが、このブランドの本当にすごいところはライダーでもなくデザインでもなくイメージでもなく、プロダクトにあるように思います。

とりわけブーツとビンディングに関しては、30年以上にわたる開発の積み重ねにより高い完成度を誇っています。


そのBURTONが持っているブーツ作りの技術と経験を結集させ完成させたハイエンドブーツ、SLX。

まず足を入れてすぐに体感できるのが、驚異的なフィット感。そしてインナーで歩いているかのような軽さ。

多くのパーツが立体的に構成され、インナーはもちろんアウターシェルもパッと見ただけで、ここにかかとがあって、ここにくるぶしがあって、ここにアキレス腱があってというのが想像でき、思わず見とれてしまいますが、そこから生まれる窮屈さはないのだけれど、隙間は一切ないという、仕立てのいい高級なシャツのような装用感はマジでやばいです。

軽さを感じるのは持った時より履いた時。

シェル全体がかなりコンパクトなのもその要因なのでしょう。


レースアップは足首より下のLOWER ZONEと足首より上のUPPER ZONEの2つのゾーンを別々に締め分けできるSPEED ZONEレーシングシステムを採用。

ここにひとつポイントが。

上下ともにがっつり締めるとそこそこのフレックスになるのですが、UPPERをちょっとだけ緩めてみるとあら不思議、しなやかフレックスのブーツに大変身。

足首より下はパーフェクトにフィットしててほしいけど、足首より上、全体のフレックスは柔らかい方がいいというようなリクエストにもばっちり対応してくれてます。

パウダーの時は上だけ緩めて、荒れたバーンでは上下ともしっかり締めるなんてこともできそうですね。


よく考えるとこれは上下2つのゾーンが完全に別だからこそなせるワザであって、紐締めでは不可能なんだよな・・。

完全に今年履くブーツはGRAILに決めていたのにまた迷うな・・。


税込価格56,700円。

まったくもって安くないお値段ではありますが、半分の値段のものを選んでシーズン途中でうーん・・・って思って1シーズンくらいで換えたくなるくらいなら、これを選んで3シーズン履いた方が実はお得なのではと思います。

いや、はっきり言って超おすすめです。

09/10 BURTONのプロダクトページはこちら

09/10 GREEN CLOTHING

09/10 GREEN CLOTHINGのプロダクトページ内、ショッピングカートの在庫を更新しました。

欠品、サイズ欠けも出てきてますので、お早めにどうぞー!

GREEN CLOTHINGのプロダクトページはこちら

OAKLEY SPLICE


OAKLEY SPLICE -PolishedWhite/ PinkIrid.-

09/10シーズンよりリリースとなるOAKLEYスノーゴーグルのニューモデル、SPLICE。

ラインナップからほぼ消えかけているWISDOMの後継としてのリリースなのかと思いきや、シンプルなデザインが人気のCROWBARをベースにしたハイエンドモデルとして開発されているようです。

CROWBARのフレームをベースに視界を広く(特に四隅)し、ノーズ部分を薄くして鼻へのプレッシャーを軽減。

レンズボトム部分の構造も変更され、レンズ交換が従来のモデルよりしやすくなっています。

フレーム全体の厚みはCROWBARより薄くなっていますが、フレームトップのベンチレーションは広くとってあるので曇りにくそうなかんじ。

CROWBAR同様フレームサイドにアウトリガー、ストラップ裏面にはラバーグリップを採用し、ヘルメットに対応しています。

信頼度の高いプロダクトに定評のあるOAKLEYのニューモデルゴーグル、SPLICE。

ぜひ店頭でお試しください。

OAKLEYのプロダクトページはこちら

09/10 OUTFLOW、今週入荷します。


(クリックで画像拡大可)

LIB-TECHに続き、西山勇率いるOUTFLOWの09/10モデルがいよいよ今週店頭入荷してきます。

山喜ウッドコアを採用。絶妙なレングス、フレックスでゲレンデはもちろん自然地形でも自由自在に跳ねまわることができるTida 155。

チューブグラフィックデッキとリキッドグラフィックソールが目を引くパウダー&フリーライディングボード、Bigfree 158。

しなやかで扱いやすい自然地形を愛するウィメンズライダーにおすすめなフリーライディングモデル、Bigfree 149。

いずれ劣らぬ3モデル。
普段滑っている山のタイプや体格、ライディングスタイルなどに合わせてチョイスしてください。

入荷次第プロダクトページをアップします。

よろしくお願いします。

AREth presents SK8 SKOOL 2009 vol.4 in ランプハウス所沢

急なご案内で恐縮ですが、来週土曜日、久しぶりのSK8スクールを開催します!

ヘッドコーチはもちろん渡辺"MIT"瑞人!

場所はランプハウス所沢、もちろん貸切です!

常連のみなさんや久々のみなさんももちろん、初参加の方も大歓迎!

みなさんお誘いあわせのうえご参加ください!

※基本的にスケートボード、ヘルメット、パッド類は各自持参でお願いします。
今回だけは貸してくれ!!またはイベントにあわせて購入しちゃおうかなという方はぜひご相談ください。

日 程 : 2009/11/14(土)
時 間 : 14:00〜17:00
場 所 : ランプハウス所沢
    埼玉県入間郡三芳町竹間沢158−1
参加費 : ¥5,000
    参加費に含まれるもの : 滑走料、コーチ代、貸切料金、傷害保険代ほか
持ち物 : スケートボード、ヘルメット、パッド類
※屋内施設のため、雨天決行となります。

参加申し込み、お問い合せはこちら
TEL 03-5452-1974
mailto:info@styrus.net

09/10 LIB TECHNOLOGIES

店頭入荷してきました09/10 LIB TECHをSHOP ONLINEにアップしました。

僕がスノーボードを始めた90年代頭にすでにそのオリジナルスタイルを確立していたし、今もキープし続けている素晴らしいブランド。

燃費も性能も素晴らしい日本車もいいけど、自分はやっぱりアメ車かな・・という方に声を大にしておすすめします!

日本では取扱いの少ないモデルもいろいろ入ってきてますのでぜひチェックしてみてください。

よろしくお願いします。

LIB TECHのプロダクトページはこちら

DVD REVIEW : BURTON The B

burton_theb.jpg

個人的に今年の洋物スノーボードムービーの中で断トツにおすすめできると思う作品がBURTONのチームムービー、The Bです。

メーカーのチームムービーというだけでかまえてしまう人も多いかもしれませんが(僕もそうだった)、そういう要素を差し引いても、いや、むしろBURTONチームのムービーだからこそありえたと言える完成度がここにはあります。

MackDawgで長い間ディレクターを務めていたBradKremerを招聘し完成させたこの作品は、最高の撮り手によって最高のライダーたちが"お金をかけて"しっかりと撮影され、さらにエンターテイメント作品として完成度の高い編集がなされています。
制作費ウン億円とか、とにかくお金がかかったことはわかっても、それがいい方向に向かっていると素人目に見ても実感できる作品は少ないけれど、この作品はそれに成功しているように思えます。


全体としてよくまとまっていて、面白いのだけれど、あえておすすめのシーンをあげるとすれば2つ。

まずナンバーワンは間違いなしでNicolas Müllerのパート。

のっけから崖っぷち尾根線ギリギリを滞空時間の長いオーリーをきめながら登場。

マッシュやツリーなどのラインをトリックを入れつつありえないラインで降りてくる。

総合滑走能力という意味ではTravisRiceも譲らないのだけれど、Nicolasの方がオーリーやインディ、トゥィークなど、よりシンプルで渋い技を多用していてかっこいい。

さらにパート後半アラスカのフリーライディングシーンでのライダーの視点やラインが見えてくるようなパーフェクトなヘリ空撮にしびれます。

JohanOloffssonやJeremyJonesがやっていたようなギリギリのラインハントとは違うのかもしれないけれど、ビッグマウンテンフリーライドとフリースタイルの融合という意味ではここに頂点があるような気がします。


そしてもうひとつ、何ともアメリカの会社らしい自己顕示全開(笑)、特大"B"型セクションのシーンもエンターテイメントとしての完成されていてハンパない。

一歩間違えればギャグになりかねないこのセンスを高い完成度に導いている要素は3つ。

まず特大のセクションサイズとあらゆるライン取りをイメージした作り。

もうひとつがライダー陣のレベルの高い滑り。

そしてその2つの要素を最大限に引き出して魅せる編集。

青空バックにこれでもかと言わんばかりに繰り出されるトリックのオンパレードを眺めていると、徐々にニヤけ顔になってる自分に気づいてしまいます。


久々にスノーボードって楽しいなとか滑りたいなとか思わせてくれる作品ですし、もしかしたらスノーボードをしない人にも楽しんでもらえる作品かもしれません。

こういう作品を作れるBURTONってやっぱりすごいブランドなのかもしれませんね。

秋の夜長におすすめですのでぜひチェックしてみてください!!

よろしくお願いします。

DVD BURTON the Bのプロダクトページはこちら

SHOP ONLINEにいろいろアップ

いよいよ11月ということで、気候も冬モード。
各地で雪が降っているようですねー。

冬の東京って無駄に寒いっていうか底冷えするっていうか、雪が積もってる所の方が暖かいかんじがしますよね。なんだか。

気のせいかな?


さてさていろいろ店頭入荷していたものの、アップできてなかったアイテムをじゃんじゃんSHOP ONLINEにアップしております。

まずは先週末入荷しましたAREth 09 Fall/Winter。

秋まっしぐらないい色ですね。

初の表革もスエードとひと味違ってとても評判がいいです。

ぜひ実物をチェックしにご来店ください。

AREthのプロダクトページはこちら


入荷速報だけ出してアップできてなかったVANSとVOXもアップしました。

秋色HALF CABに人気モデルCHUKKA LOW。

VANSのプロダクトページはこちら


VOXは人気のMODELO秋色チェックです。

VOXのプロダクトページはこちら


そして超おすすめスノームービ3タイトルもアップしました。

endoftheline.jpg

signatures.jpg

burton_theb.jpg

DVDのプロダクトページはこちら


よろしくお願いします!

http://www.styrus.net/shop/

store_bn.gif
営業時間(水曜定休)
月曜-土曜 12:00-20:00
日曜・祝日 12:00-19:00
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷2-43-11-1F
TEL 03-5452-1974 FAX 03-5452-1975
spacer.gif
twitter_bn4.gif spacer.gif Flickr_bn.gif spacer.gif fb_bn.gif spacer.gif 2013clndrbn.jpg spacer.gif rr.png spacer.gif oo.png spacer.gif ll.png spacer.gif bb.png spacer.gifgg.png
spacer.gif
emagsub_bn.gif

登録していただいた方に
入荷、イベント情報をお届けします